性格の不一致とは?離婚理由1位になる原因について徹底考察しました

性格の不一致

「性格の不一致による離婚」よく耳にしますが、理由がない時の言い訳に使うものだと思っていました。

現在離婚理由として男女ともに1位に挙げられるのがこの「性格の不一致です。」

私自身、性格なんて元々違うとわかって結婚したはずが、結婚して随分経った今性格の不一致が原因で離婚危機にいます。

そもそも性格がすごく合っていると感じる状態が何年も続くことが奇跡なのではないでしょうか。

無理をしてこじれてしまった私なりに、性格の不一致について考察してみました。

目次

離婚理由の1位は性格の不一致

表彰台

世間的に離婚理由として挙げられるもののランキングをご覧ください。

【離婚に至った理由ランキング】
1位「性格が合わない」(55.6%)
2位「異性関係」(17.0%)
3位「DV・モラハラ」(16.2%)
4位「金銭トラブル」(14.0%)
5位「性的不調和」
  「家事や子育てに非協力的」(ともに13.5%)
7位「親族との不仲」(10.1%)
8位「飲酒トラブル」(9.9%)

yahooニュースより引用

性格の不一致が原因の離婚は今に始まったことではありません。

性格がすごく合うとおたがいが感じていて、その状態が長年続く夫婦のほうが珍しいのではないでしょうか。

ヨメ子

名前のないイライラやモヤモヤに性格の不一致という名前を付けたい人はたくさんいそう。

ツマミ

正体不明のものにはストレスを感じるものね。
自分を納得させるためにも性格の不一致という呼び名は便利なのかもね。

ここからは具体的にどんなモヤモヤがあるのかを考察してみました。

性格の不一致の正体は?

はてな

性格の不一致は3種類に分類できるのでは?というのが私の考えです。

  • 性格が合わない(性質が違う)
  • 親の価値観が合わない(育ちが違う)
  • 精神年齢の不一致(苦労の数が違う)

具体的に解説します。

性格が合わない

牛2頭

当たり前ですが。性格が合わないストレスから性格の不一致が起こります。

性格が違ってもストレスを感じなければ性格の不一致ではなく「考え方の違い」という飲み込みができます。

性格が合わない理由はこんな要因が考えられます。

  • 男女だから
  • 血液型の相性が良くないから
  • 長子・中間子・末子など、兄弟関係より性格が違うから
  • 出身県で性格が違うから
  • お金や育児などの価値観が違うから
  • どちらか一方がHSPだから

この要因で必ずしも性格の不一致が起こるわけではありませんが、性格の不一致で困っているならこんな要因があるのかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

関連記事

親の価値観が合わない

親子

性格が形成される上で、親の影響が大きな要因となります。

親の価値観がお互いに真逆なら、真逆の価値観を持っているかもしれません。

ヨメ子

親が離婚しているかも深く関係してる気がするわ。

ツマミ

親が離婚したからハードルが下がる人や
逆に安定した夫婦関係に執着する人もいるわよね。

価値観が合わなかったとしてもお互いが違いを認め合えば問題がないのですが、ぶつかり合ってお互いを否定し始めるとストレスになります。

このことがわからず、なんだか嚙み合わないきがするモヤモヤを性格の不一致と表現するケースも少なくはありません。

精神年齢が合わない

カップル

お付き合いしているときは仲が良かったのに、結婚して子供ができて、いつの間にか性格が合わなくなってしまった人も多いのではないでしょうか。

根本的な性格は簡単に変わるものではありませんが、精神年齢は苦労や悩みの数だけ熟成するものです。

ヨメ子

実家に帰ったら、
「大人になったのね」
ってよく言われるの。

ツマミ

結婚生活って大変だし、子供ができると悩みも苦労も増えるからね。

【例えば結婚した場合はこんな苦労が精神年齢を成熟させます】

・出産してキャパ以上のワンオペ育児をこなす
・お金の心配で苦労する
・パートナーの不貞行為やモラハラなどに耐える
・女性側が育児・家事をしなくなり、家庭と仕事を男性が支える

ほかにも書ききれませんが、平等でない苦労は男女問わず起こりうることです。

どちらか一方だけが極端な苦労をすると、精神年齢にギャップがでてしまいます。

苦労を乗り越えて落ち着いたときに、パートナーが急に幼稚に見えてしまい、性格が合わなくなった気がしてしまうのです。

性格の不一致を乗り越えるための工夫

手を繋ぐ

性格の不一致は珍しいことではありません。

つまり性格の不一致による離婚に発展する可能性は案外身近に潜んでいます。

自分がそう感じていなくても、パートナーがストレスを抱えて悩んでいるかもしれませんし、ある日突然離婚したいと切り出されれるかもしれません。

性格の不一致が招くストレスを少しでも軽減できるためには工夫が必要です。

期待しすぎない

たか

夫婦は家族ではあるもののちがつながっていないので、離婚してしまえば他人に戻るのです。

他人だと思えば変に期待しすぎて残念な気持ちになるケースも減ります。

  • ほめてもらえない
  • ねぎらってくれない
  • 手伝ってくれない

他人だから心の中まで読める訳ありません。

何かしてほしい時は他人だと思って、お願いしてみるとうまくいきそうな気がしませんか?

夫婦という状況に甘んじない

老夫婦

釣った魚にエサはやらない、という言葉がありますが、夫婦だから気を使わなくていいわけではありません。

いいたいことを何でも言っていいわけではありませんし、何をしても許してくれるわけではありません。

「努力をしなくても自分のために何かしてくれる人」

という位置づけになってしまっているなら、籍というものに甘えすぎなのかもしれません。

逆にパートナーから適当に扱われていると感じたら、一度気持ちを話しておくのもいいでしょう。

常にすり合わせを怠らない

会話するカップル

性格の不一致をお互いに感じるケースもあれば、片方だけがストレスに感じているケースも少なくはありません。

結婚生活がうまくいっていると思っていたのに、急に離婚届を突き付けられた話もよくあることです。

定期的にすり合わせをして、お互いの価値観のギャップを埋めておくと深刻な展開になる可能性も下がりますよね。

うまくいっていると思う時こそ、重たい話ももちかけやすいのではないでしょうか。

最後に~性格は不一致がデフォルト

性格が合う人はほとんどいませんし、長年性格が合うとお互いが満足し続けることはレアケースです。

夫婦の片方が、もしくはお互いが、少なからず性格が合わないと感じながら生活をしています。

性格が合わないことを受け入れて、ストレスを感じないように工夫することが離婚を回避する最善の策でしょう。

夫婦は他人と割り切り、期待のし過ぎや甘えすぎにならないように注意を怠らないようにしましょう。

持ちつ持たれつの関係を築くためには、日々のすり合わせを積み重ねることが大切です。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

four + one =

目次
閉じる