MENU

HSP妻は離婚率が高い?結婚生活を継続するために改善できること

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)は結婚できないだの、結婚生活に向いていないだの、ネガティブな噂を聞いて「だからかー。」と感じているのは私だけではないはず。

HSPの人が非HSPの人と暮らすと、どちらかが過剰に気を使ってしまうので疲れてしまうんですよね。

私が離婚危機になったのも、思い返せばHSP気質の部分が悪さをしている気がします。

  • 気を使いすぎて言いたいことが言えない
  • 疲れている顔色をうかがいすぎて疲れる
  • 1人になりたいときに1人になれない

同じように感じて、共同生活に疲れて、ぼんやり離婚を考えているならぜひこの記事をご覧ください。

改善するための考え方や、HSP気質を和らげられるかもしれない方法を解説します。

目次

HSP妻は離婚率が高い?

ふさぎこむ女性

HSPは結婚に向いていないと言われることがありますが、考えられる理由は同居人に気を使いすぎてしまうという部分なのではないでしょうか。

【HSPが同居人に気を使いすぎてしまう例】
・同居人の機嫌が気になってしまう
・同居人が疲れたり機嫌が悪いと自分のせいかと考えてしまう
・同居人から神経質で面倒な人だと思われてしまう。
(またはそう思われているのではないかと勘繰ってしまう)

ヨメ子

面倒がられないようにHSP気質っぽい部分は隠して生活していたわ。

お互いに信頼関係にあって、ある程度遠慮しなくていい間柄でないと、一緒に暮らすのがどちらかのストレスになる気質と言えます。

HSP妻が離婚しないために改善できること

GOOD

「HSPは気質だから治せない」と言われはいますが、考え方を変えることで生きにくさを軽減することができます。

改善する考え方は大きく3つあります。

①他人軸の価値観をやめる

私の場合、人の顔色をうかがうのは、人に自分の価値をゆだねてしまっている部分があるからだと気づきました。

  • 旦那さんの好物を頑張って作ろう
  • 旦那さんの前で子供を叱らないようにしよう
  • 旦那さんの前で疲れた顔をしないようにしよう

「いい妻・母でなければ嫌われる」

「私の存在価値がなくなってしまう」

そんな風に考えて常に旦那さんに評価されたいと考えるようになっていました。

でも頑張ったところで旦那さんは私のことを認めたりほめたりはしてくれません。

「ほめたりしない性格だから仕方ない」と気づいてから、一生懸命話しかけたり機嫌をうかがうのをやめたらすごく楽になりました。

料理は自分が作りたいもの楽しんで作ればいいし、子供はしょっちゅう叱らなくてもいい年齢になりました。

疲れたり体調が悪い時は気を遣わずに休めばいいし、数年前に旦那さんの許可を取らずにパートに出るようになりました。

ヨメ子

料理はインスタと上達のためと思うことにしたわ。

ツマミ

目的をすり替えたら楽になりそうね。

自分の価値観を大切にすると、「ほめてほしい」「認めてほしい」という承認欲求がなくなり今はずいぶん楽です。

②自分の機嫌は自分で取る

イライラしたり疲れたり落ち込んだり、そんな時に「空気を読んで気を使ってほしい」という甘えがどことなくあった気がします。

自分が人の顔色をうかがう癖があるからと言って、相手のも顔色をうかがってもらえるわけではありません。

ヨメ子

親が「しんどいの?」「怒ってるの?」って聞いてくれるタイプだったから家族はそうしてくれるって思い込んでたかも。

ツマミ

最近では不機嫌で当たり散らす「フキハラ」って言葉もあるわよね。

雑誌でたまたま見たお坊さんの言葉に

「イライラの正体は自分の期待通りに他人が気遣ってくれないこと」

という言葉を見つけてから、自分の機嫌は自分で取ることにしました。

  • 怒っているときは怒っている理由やどうしてほしいか伝える
  • 他人由来のイライラにビクビクするのをやめる
  • 体調が悪い時は遠慮なく休む
  • メンタルが落ちているときはひとりになる

私の場合は怒りが収まらない時は断捨離と掃除を、凹んだ時には気が済むまで一人で泣く、という風にストレスと付き合っています。

「自分にご褒美」なんていちいちお金を使わなくても、自分の機嫌はある程度自分でコントロールすることができます。

③よくコミュニケーションを取る

離婚危機を迎えたのをきっかけに「どうせ離婚になるなら言いたいことを全部言おう」という気持ちになり、今まで感じたことをたくさん話しました。

  • 母親に向いていないという趣旨のことを何度も言われた
  • ブス、老けたという趣旨のことを何度も言われた
  • 料理は勉強したり頑張っているのに、おいしいと言われたことがない

旦那さんは悪意があって悪口を言いたかった訳ではなく、場を和ませるための冗談を私がひねくれて受けていただけなのです。

頭では冗談だと分かっていても、打たれ弱い心に少しずつダメージが蓄積していき、限界を超えてから会話がつらくなりました。

「そうんなつもりで言ったわけじゃない」と喧嘩になりましたが、今ではHSP特有の「被害妄想っぽくとらえる」という気質を理解してもらえたようです。

ヨメ子

この喧嘩からは私が勘違いしないように丁寧に話してくれるようになったわ。

本当に理解をしてもらいたいなら、関係が悪くなっても仕方ないという覚悟で話をしてみることも必要なのかもしれません。

HSP妻必見!後天的に出るHSPっぽい症状

plan

HSPという言葉がブームになりすぎて、「HSP=気質で特徴だから治らない」というのが定説になりつつあります。

ですが実はHSPっぽい部分が後天的に出ることがあり、改善できる場合もあります。

物理刺激に敏感すぎるなら栄養バランスを見直す

人は栄養が足りなくなると生命の危険を感じて、防衛本能から刺激に過敏になることがあります。

カロリーはしっかり摂っていても栄養が偏っていることも考えられるため、まずは食生活を見直したり、サプリメントで足りない栄養を補うことも大切です。

人の顔色をうかがう癖があるなら親との関係性を見直す

親との関係性により、人の顔色を常にうかがうのが癖になっている人もいます。

私も父の機嫌を気にしながら生活する家庭で育ったので、相手に対して「怒っているかどうか」を気にするのが癖になっていると大人になってから気づきました。

ヨメ子

自覚して癖をやめる意識をするだけで随分楽になるわ。

心当たりのある人は親と距離を取ったり、心理カウンセラーに相談することも検討してみてはいかがでしょうか。

大人の発達障害の可能性も疑う

「HSPは病気ではない」とよく言われるのは、症状が似ているからです。

10人に1人は「大人の発達障害」とも言われていて、「生きにくい」とは感じていてもまさか自分が発達障害だとは気づかない人も実はたくさんいるようです。

落語家の柳家花緑氏もその一人で、40歳で自分が発達障害と分かるとそれまで「努力不足でできない」と思っていた気持ちが楽になったと言っています。

ヨメ子

詳しくは書籍化されているわ。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

five × 3 =

目次
閉じる