夫婦の会話にアサーションを!言いたいことを言えない夫婦を卒業しよう

アサーション

私は旦那さんに言いたいことが上手に伝えられません。

  • 相手の顔色をうかがってしまう
  • ちゃんと聞いてもらえないだろうとあきらめて話をしない
  • 自分さえ我慢したら丸く収まる

会話をおざなりにして、いろんなことを諦めながらモヤモヤした夫婦関係を続けてきました。

表面的にはうまく行っていたものの、そんな関係性が長く続くわけがありません。

そんな時に出会ったのが、アサーションの本でした。

長く続く夫婦関係を円満にするために、自分の気持ちを大切にして相手に尊重してもらえるように話してみませんか?

目次

アサーションとは?夫婦の会話に必要なの?

会話するカップル

アサーションはアメリカで生まれたコミュニケーションに関する考え方で、お互いが自分の言いたいことを、相手を敬いながら伝えるコミュニケーション術です。

  • 自分らしさを否定しない
  • 相手と違うことを卑下しない
  • 違いを優劣とジャッジしない
  • 自分の気持ちを表現して良い
  • 相手の自分らしさも認める
ヨメ子

アメリカは人種のるつぼだから、差別とか人権とかに関する考え方が発達してるのよね。

ツマミ

どんなものか知りたいなら、マンガでわかりやすく理解できるこの本がおすすめ。

マンガでやさしくわかるアサーション/平木典子/星井博文/制作サノマリナ【1000円以上送料無料】

by カエレバ

アサーションにおいて、話し方は3タイプ

アサーションにおいては話し方別に3タイプに分類されています。

わかりやすくドラえもんに例えられることが多いです。

ジャイアンタイプ(攻撃的自己表現)

自分の意見を無理に押し通してしまうのがジャイアンのような攻撃的自己表現タイプ。

攻撃的自己表現の人は、相手に受け入れてもらう自信がなかったり、お願いしたら断られるかもしれないという不安から命令口調や嫌味っぽい言い方になってしまいます。

威圧的な態度や話し方に注意しながら、相手の要望にも寄り添うことが必要です。

ヨメ子

ジャイアンタイプの人は、実は自分に自信がないの。
認めてもらいたいだけなんだよね。

ツマミ

威嚇することで心を守っているのね。

のび太タイプ(非主張的自己表現)

自分の言いたいことを我慢したり、相手の要求に納得してなくても受け入れてしまうタイプ。

自分の言いたいことを主張できないことを、人のせいにしたり言い訳してしまうことも。

私さえ我慢すれば、という考え方の癖がある人はこのタイプ。

ヨメ子

うちは夫婦揃ってのび太タイプね。

ツマミ

お互いが自分の気持ちを伝えられないといつまでも分かり合えないよね

しずかちゃんタイプ(アサーティブ)

自己主張をしながらも、ちゃんと相手の意見や要望も聞ける人気者。

アサーションにおいて目指すゴールはしずかちゃんタイプです。

しずかちゃんタイプの人は自分の意見も相手の意見も大切にするので、ジャイアンタイプやのび太タイプの人ともうまくやっていくことができます。

夫婦間でアサーションをするメリット

GOOD

夫婦関係は長く続きます。

私は28歳で結婚したので、もしも平均年齢まで生きたとして、離婚しないなら50年以上一緒に過ごすことになります。

しずかちゃんタイプのコミュニケーションで会話ができれば、お互いにストレスを溜め込んだり、他人のせいにしたりせずに自然体での会話が期待できます。

断ることのハードルが下がる

些細なことでも無理をするのは長く続く夫婦関係においてはいいことではありません。

積年の恨み、なんて怖い言葉もありますからね。

かといってなんでも好き放題言っていいわけではありません。

アサーションをマスターしておけば、相手に不快な思いをさせずに嫌なことを伝えることができます。

のび太タイプの人は心の中で「自分さえ我慢すれば」と思っていることを言葉にしないので、ジャイアンタイプの人からは特に、無理をしているのが見えません。

ヨメ子

自分さえ我慢すればって、相手に気を遣わせないように笑顔で耐える人って多いよね。

ツマミ

美徳っぽいけど実は自分に優しくない人なんだ。

ある日突然パートナーから身に覚えのない「モラハラ認定」をされる事例をよく聞きますが、原因はこの「自分さえ我慢」し続けた結果、無理をしていることにパートナーが気づかなかったのが原因であることが多いのです。

考えや気持ちを上手に伝えられさえすれば、お互いに苦しい思いをしなくてよくなりますね。

子供にもいい影響を与えられる

例えば夫婦のうちどちらかが「私さえ我慢すれば」の状態を子供が気づかないはずがありません。

特に小さい子供は勘が鋭いので、無理をしていることに薄々気づいて、性格を形成するのに大きな影響を与えます。

ヨメ子

カウンセリングの先生にも、親の影響が!っていっぱい言われたよ。

ツマミ

お母さんみたいな奥さん、お父さんみたいな旦那さんを無意識に理想とする人が多いみたいね

普段からアサーティブに自分の気持ちを伝えられる大人を間近で見るということは、子供にも少なからずアサーティブな伝え方の見本を見せられるということです。

せなかで教える、というのはこういうことなのではないでしょうか。

夫婦間でアサーションを使って会話をするには?

ひつじ

私は子供にはアサーティブな話し方が自然にできますが、旦那さんには萎縮してしまってできません。

断られたりバカにされたり、冗談ととられたりした経験から

「どうせ聞いてもらえないから伝えるのも面倒」

と、気持ちを伝えることを怠ってしまったからです。

一度萎縮してしまった相手へアサーティブな伝え方をするのは難しいですよね。

今もほぼ会話らしい会話はできていませんが、アサーションを少しずつ練習しています。

会話に対して「私は」の文章を考える

何かを言われた時、「私は」で始まる文章を考えてみましょう。

伝えられるなら伝えてもいいし、伝えるのが難しければ頭の中で考えても構いません。

「ごはんまだ?」に対して今までならごめんと謝って急いで用意するのが当たり前でしたが、こんな風に返事をしてもいいのではないでしょうか。

「私は今日具合が悪い」
「私はごはんを食べるよりももう少し横になっていたい」
「私は今日はできればごはんを作りたくない」

「私は」で始まる文章を考えることによって、自分の気持ちが今どうなっているのかを自分で知ることができます。

DESC法で伝える

DESC法とは以下の4つの要素を含んで考えを伝える方法です。

  1. Describe…描写
  2. Express…表現、説明、共感
  3. Suggest…具体的な提案
  4. Choose…選択

先程の「私は」を例に挙げると

例文
Describe…描写朝から少し体がだるいの
Express…表現、説明、共感きのう少し肌寒かったから風邪を引いたのかもしれない
Suggest…具体的な提案簡単なものでいい?それともウーバーで何か注文する?
相手のリアクションを伺うウーバーにしよう
Choose…選択了解。じゃあなに頼もうか

とこんな感じで自己表現ができるのが理想です。

これがジャイアンタイプだと

「うるさいな!しんどいんだから勝手に食べたらいいでしょ!」

と有無を言わせず恫喝してしまったり、

あるいはのび太タイプなら

「ごめんねすぐ作るから」

といった自分の気持ちを表現できない答えになるのではないでしょうか。

ヨメ子

しずかちゃんならどんな風に返事をするかを考えればいいのね。

ツマミ

自分の言ったことを
今のは誰タイプだったか振り返ってみるのもいいかもね。

自分らしさがいつもいい結論ではない

自分の気持ちや考えを大切にしても、相手に必ずしも受け入れてもらえるわけではありません。

相手の考えを変えるのは難しいことです。

「どうしてわかってくれないの?」とイライラしたところで、相手の考えが変わらないのを否定することはアサーティブではありません。

例えば自分の考え方と全く違うことをお願いされたら、いくらDESC法を使って丁寧に提案してくれたとしても受け入れ難いですよね。

考え方は相手と違って当然なので、相手に提案が受け入れられないこともよくある仕方ないことと考えて飲み込みましょう。

まとめ

アサーションはすごく簡単に説明すると自分を信頼して自信を持つことです。

夫婦といえども所詮は他人、自分の気持ちや考えに自信を持って、自分にはできないことは相手にDESC法を使って伝えましょう。

相手は自分と違う人間なので、伝えても断られたり受け入れてもらえないこともよくあること。

「当然」「〜するべき」という思い込みを捨てて相手の考え方も大切にしましょう。

こちらの本を参考にこの記事を書きました。

マンガでやさしくわかるアサーション/平木典子/星井博文/制作サノマリナ【1000円以上送料無料】
by カエレバ

そもそもの会話がなくなってしまった、という人はまず楽しい話題をふやすほうほうから始めてみませんか?

伝え方に自信がない人は、オンラインですぐに学べる講座がおすすめです。

ヨメ子

コミュニケーション術は夫婦関係だけでなく子供や職場に対しても大事よね。

ツマミ

実生活で使える上に履歴書にかけるのはお得よね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

eighteen − five =

目次
閉じる