夫婦関係修復のおすすめ本~コミュニケーションが苦手ならまず勉強を

夫婦円満の基本は会話→理解→擦り合わせの繰り返しです。

私は「理解してもらうこと」と「擦り合わせ」を怠った結果、今とっても不仲で困っています。

夫婦関係を修復したいけど会話がうまくいかず悩んでいる人は、まず本をたくさん読んでみてはいかがでしょうか。

私が夫婦不仲になってから会話を勉強するために読んだ本をジャンル別にご紹介します。

目次

【夫婦関係修復のおすすめ本】会話にイラッとする

グッドバッド

女性は共感を求めて、男性は結論や意味を求めて会話をしたがると言われています。

会話の目的が違うので、イラつくこともしばしば。

そもそも男性と女性では脳の作りが違います。

右脳と左脳をつなぐ「脳梁(のうりょう)」が女性の方が発達していると言われています。

女性は感情を絡めて考える傾向にあり、男性は感情を持ち込まず結論や結果を重視しやすい傾向にあると言われています。

ヨメ子

傾向があるってだけでそうじゃない人もいるけどね。

パートナーといまいち会話が盛り上がらない人は、脳の違いについて勉強してみると改善するかもしれません。

男性と女性では考え方が根本的に違う

あの時どんなふうに返事をすればよかったんだろう、と引きずっている会話はないですか?

その会話をしたときに戻れるわけではありませんが、もし同じ内容で引っかかった時のために復習が出来うのがこの1冊。

夫婦間ではどんなふうに話をするべきか


夫婦バージョンは夫婦を3パターンに分けて解説していて自分と重ねやすく、こじれた夫婦にとっては実践向きです。

ツマミ

夫婦には
・恋人タイプ
・戦友タイプ
・同居人タイプ
の3つがあるんだって。

ヨメ子

うちは旦那さんが恋人タイプ、私が同居人タイプを望んでるわ。

まだそこまでこじれていなくて、会話に違和感がある夫婦はまずこれで分析して改善にチャレンジしてみてください。

【夫婦関係修復のおすすめ本】自分の意見が言えない

ひつじ

腹が立っても、意見が食い違っても、今まで聞いてもらえるわけがないとすり合わせを怠ってきました。

夫婦間において、自分の感情に蓋をして我慢するのは、美徳ではなく怠惰です。

自分の意見を聞いてもらう自信がない私が今勉強しているのが伝え方についてです。

アサーションを学んでお互いの考えを尊重する

アサーションとは、自分も相手も大切に考えてコミュニケーションをとる方法です。

漫画でわかりやすく「アサーション」を学べるのがこの1冊。

マンガでやさしくわかるアサーション/平木典子/星井博文/制作サノマリナ【1000円以上送料無料】
by カエレバ

登場人物は嫌なことを押し付けられても断れないタイプで、言いたいことを言えない私は共感して読むことができました。

喧嘩をするのも一つのコミュニケーション

夫婦喧嘩をしますか?

私たちはほとんどしません。

ここ1年で離婚が目の前に突きつけられて初めて怒鳴り合いになりましたが、お互い慣れていないのでうまく喧嘩になりませんでした。

この本では、喧嘩をしてでも心を通わせる関係性を築くことを推奨しています。

会話をしていても、よそから仲が良さそうに見えても、特に問題のなさそうな夫婦が離婚に至るメカニズムをいろんな例を挙げながらわかりやすく解説してくれています。

ヨメ子

この本が私の現状に1番近かったわ。

【夫婦関係修復のおすすめ本】相手の気持ちがわからない

インコ

会話が減ってくると、パートナーが何を考えているかわからなくなってきます。

ヨメ子

会話しなさすぎて一時期いつ
「離婚するからでていけ」
と言われるかと不安だったわ。

ツマミ

会話しなさすぎて一時期いつ「離婚するからでていけ」と言われるかと不安だったわ。

普段から聞き上手に徹しておくと、いざというときにも相手のことを理解しやすいですよね。

子育てや友人関係や職場でも役に立つスキルです。

具体例→解説→模範解答で模擬練習を

本が苦手でも、集中力が持たなくてもこの本は2ページ区切りになっていて読みやすいです。

具体例についてのわかりやすい解説と模範解答が載っているので、うまく会話が弾まず苦手意識のある人におすすめです。

まずは質問上手になって気持ちを理解できる会話をたくさん重ねましょう。

話し方を変えて好かれる方法

聞き上手な人は、相手に話をさせるのが上手な人。

「人は誰しも自分に1番興味がある」ことをベースに、どうしたら相手に好かれる話し方ができるのかをわかりやすく学べます。

【夫婦関係修復のおすすめ本】価値観の擦り合わせ

パズル

離婚原因の1位「性格の不一致」の原因を作るのが「価値観の不一致」です。

違う親の元で違う環境の元で育ったから価値観は違うもの、わかっていても擦り合わせるのは難しいですよね。

すり合わせをするための「一般論」が書いてある本を教科書がわりにおいておくと、擦り合わせのヒントをくれます。

一番揉めるのが育児に関する価値観

本気の育児本があれば、揉めたときに答えを出すヒントをくれます。

いろんなことを網羅しているこんな本はいかがでしょう。

子育てベスト100 「最先端の新常識×子どもに一番大事なこと」が1冊で /ダイヤモンド社/加藤紀子
by カエレバ

夫婦関係が悪化してる人もしそうな人にもおすすめですが、育児を頑張る全ての人にぜひお勧めしたい本です。

【夫婦関係修復のおすすめ本】まずは自己肯定感を!

GOOD

私が夫婦カウンセリングで指摘されたのが、自己肯定感の低さ。

旦那さんといるとどうしても自分の価値を低く見積もってしまう癖があります。

例えば私にはこんな負い目があります。

  • 専業主婦だから労働がお金にならないことに負い目がある
  • 子供を必要以上に叱ってしまう
  • 家事が完璧にこなせない
ヨメ子

子供が褒められた時は子供の努力
叱られた時は親のしつけができていないせい
って言い続けられるとね。

ツマミ

手柄はとられて責任はなすりつけられる風潮、ママにはつきものよね。

自分で得意と思っていた料理を実は褒められたことがなく、最近まで「料理が得意です」と言うことができませんでした。

夫婦関係を続けるうち、私のように自分の価値がわからなくなってしまった人は、まず自己肯定感を取り戻してみませんか?

特別なことをしなくても、自己肯定感が上がる本

私には特別凄い経歴がありません。

油断したら自信がなくて不安で仕方ないネガティブな性格が顔を出します。

そんな自信のない私でも、自分で自己肯定感を上げられるのがこの本です。

読みやすいのに読むだけでちょっとずつ自信が持てる、元気の出る一冊です。

続いてこちらは不器用な恋愛に疲れた人向きの本なのですが、パワーバランスが崩壊している夫婦にも刺さる内容でした。

文字数が少なくて30分程度で読めますが、内容がしっかり詰まっていました。

読んだ後は相手に無理をして合わせなければという変な強迫観念がなくなり、自分のことを大切に考えられるようになりました。

ノウハウ本で疲れたら体験談を読んで休憩

カップ

難しい勉強だけだと疲れるので、ちょっと息抜きに読んだ本もあります。

息抜きとはいえ吸収できる部分もあるので、必要な時間なのだと思います。

離婚約という新しい考え方

ある日突然「4年後に離婚してください」と妻から告げられた体験を、夫の立場からまとめたエッセイ。

数年前にワイドショーでも取り上げられてので、ご存知の方もいるのではないでしょうか。

お笑いコンビ「インスタントジョンソン」のじゃいさんが書いた本で、結婚・離婚のこと、パートナーを大切に思う気持ち、将来のこと、子供のこと、離婚を告げられた理由に対する考察など、幅広く書かれています。

離婚をしたい妻の意向を受け入れつつ、ちゃんと妻への愛情があって、次にいい人と結婚できるといいと思えるのはすごいです。

専門の先生に相談した話も載っているので、参考になります。

あと何年やり過ごせばいいんだろう

よくある家庭のひとコマなのに「わかるわー!」と頷きながら読んでいる自分がいました。

ヨメ子

漫画だからしんどい時にも読めちゃうんだよね。

ツマミ

漫画から学ぶことってあるよね。

でも内容が薄いわけではなくて、いろんなエピソード対して「自分だけじゃないんだ」と心が救われました。

疲れて何も考えたくない人は、この本を読んでまず心の休憩を。

本が苦手な方には動画でコミュニケーションを勉強する方法もオススメです。
性格統計学で学ぶ!あなたのコミュニケーション傾向と具体的対策では履歴書に書ける資格としての使えるコミュニケーション術が学べます。

最後に〜いろんな本を読んでまずは客観的に!

おすすめしたい本が増えて11冊になってしまいました。

メンタルが弱い私は煮詰まってくると「私」が主語になっていく思考に陥ります。

  • 私が悪い
  • 私が我慢すれば済む
  • 私だけがなぜ損するの?

こうなると冷静でいい判断が出来ません。

だからこそ多ジャンルからたくさん情報を入れて、いろんな角度から現況を把握する必要があります。

自分と重なる共感できる1冊に出会うことができると、打つ手がないと思っていた思考に新たな道を見出せるかもしれません。

悩んでも解決策が見つからないなら、煮詰まる前にまずは読書を!

知識や情報は邪魔になることはありませんよ。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

three × 4 =

目次
閉じる