MENU

【主婦向き!離婚に関するおすすめ本】状況別に参考にできる10選

離婚を考えたことがある女性は7割くらいいる、と言われていますが、私もその一人です。

離婚したいと考えても、実際にどうやって離婚して、どうやってシングルマザーとして生活していくのかが分からずあきらめる人がほとんどでしょう。

一方で勢いで離婚して困る人も少なくはありません。

どちらの場合にも言えるのは、離婚の知識をたくさん持っていたら自分にとって一番いい選択ができたのではないか、ということです。

知識があれば離婚せず解決できる方法を考えられたり、離婚したくなったときに有利な条件で離婚ができたりと、知識が邪魔になることはありません。

離婚したいと感じたらまず自分の状況にあった本を読むことから始めてみませんか。

ヨメ子

いろんなジャンルの離婚のおすすめ本をご紹介します。

目次

離婚をするための基礎知識が学べる本3冊

市役所に離婚届をもらいに行って記入して提出する。

離婚すると決めてもその程度の知識しか持っていない人は多いのではないでしょうか。

不利な離婚にならないためにも、まずは法律や離婚の切り出し方など、必要な知識を得るための本をご紹介します。

前向き離婚の教科書

おすすめポイント
  • 漫画で分かりやすく離婚までの流れが理解できる
  • 離婚に関するお金や子供の心配事について手厚く解説
  • 著者が弁護士でケースごとに役立つ法律を解説

専業主婦の女性がぼんやり離婚を考え始めてからどうやって離婚を実現させるか、というストーリーに沿って失敗しない離婚の方法を読むことができます。

離婚の切り出し方、切り出すまでに準備しておくことなど、知識ゼロの人にもわかりやすい内容になっています。

ヨメ子

自分と重ねて読んだらすごく読みやすかったわ。

ツマミ

法律や文章や、難しい本を読む前の1冊目としてありかも。

何を読んでいいのかわからない人にはまずこの本がおすすめです。

 これだけは知っておきたい 図解 離婚のための準備と手続き

おすすめポイント
  • 離婚後生活できるかを悩む人にも参考にできる内容
  • 調べたいことがピンポイントで分かる
  • 図解入りで難しい内容も分かりやすく読みやすい

離婚は結婚よりも難しいと言われている通り、離婚に関する法律はたくさんあってややこしいですよね。

この本は親権や養育費などの基本的な部分から、DVや離婚後の生活設計など、離婚から派生した部分も書かれているので、辞書のような感覚で困ったときに読むのにおすすめです。

図解でよくわかる 離婚の準備・手続き・ライフプラン

おすすめポイント
  • お金・子供・ケース別など、離婚に関することを広範囲で知れる
  • 面会や届出など、離婚後に必要な情報を網羅
  • フローチャート形式で離婚の方法が分かりやすく知れる

離婚したいと思ってから「離婚を切り出す」→「手続き」→「離婚後の生活」という流れに沿って離婚のことがしっかり学べます。

ケースごとに短い解説が続くので、自分が知りたい部分だけ飛ばし読みがしやすいのが特徴です。

それでいて自分の読みたい部分に情報が凝縮されているので、本を読むのが苦手な人やじっくり読む暇がない人にもおすすめです。

前向きに離婚するための本2冊

嬉しい

最近では「幸せになるためにポジティブな離婚を!」と考える人も増えてきました。

自分が自分らしくいられるためのいい方法として離婚を選択するうえでぜひ読んでほしい本をご紹介します。

こじらせない離婚

おすすめポイント
  • 離婚を決意しきれない人の背中を押す本
  • 泥沼離婚よりも円満な協議離婚派の弁護士による離婚の方法を解説
  • 法的なハウツーよりも心のケアに重点を置いた1冊

「気持ちの整理9割、法律1割」という1文の通り、いかに円満離婚で低ダメージの離婚を目指すかについてのハウツー本です。

たくさん難しいことを学んでも、メンタルが折れて良くない条件で離婚することは避けたいですよね。

お互いに幸せになるために楽に離婚したい!という気持ちが強い人にはこの本がおすすめです。

新版 子連れ離婚を考えたときに読む本

おすすめポイント
  • 親権や養育費、メンタル面など子連れ離婚の不安を解消できる1冊
  • ひとり親支援のためのNPO法人を立ち上げた著者による詳しい解説
  • ひとり親の子供のインタビューを交えたリアルな内容

離婚したいと考えたときに一番困ると言っても過言ではないのが子供へ影響ではないでしょうか。

経済的にも精神的にも離婚後に子供を支えられないという理由で、子供が成人するまで離婚を我慢をしている人も少なくはありませんよね。

この本は法律的にも精神的にも離婚後の子供のためにできることを事細かに書かれているだけではなく、ひとり親やひとり親の子どものインタビューもあり、リアルに未来を想像できる内容です。

ぜひ前途した「拗らせない離婚」で円満離婚について読んだ後、「こちらの子連れ離婚を考えたときに読む本」を読んで、離婚にかかわる家族全員が前向きに離婚ができるといいですね。

こじれそうな離婚を成功させたい人におすすめの本2冊

鳥のつがい

不倫の疑いやややこしい財産分与など、一筋縄ではいかない離婚となるとなおさら知識が必要になります。

普通の離婚よりも面倒であるからこそ、うまく法律を利用して少しでも有利に離婚をしたいですよね。

ケースごとにこじれそうな離婚を成功させえるためのおすすめ本をご紹介します。

財産分与から慰謝料・養育費・親権・調停・訴訟まで 最新 離婚の法律相談と手続き 実践マニュアル

おすすめポイント
  • 離婚に関するお金のもめごとを網羅
  • 2019年の法律改正に対応した内容
  • 離婚の基本的な法律も掲載

離婚は何かとお金がかかって、離婚後はお金に困る日が続きます。

離婚を切り出す前にお金のことを勉強しておけば、かかる経費は最小限に、もらえる財産は最大限になる可能性も上がりますよね。

もらえるものはきっちりもらいたい人におすすめの1冊です。

キッチリけりがつく離婚術

おすすめポイント
  • 不倫の慰謝料をふんだくりたい人向け
  • 証拠集めの方法を具体的に解説
  • 不倫を疑っている人にもおすすめの内容

なんだか怪しいけど、まだ証拠がなくて離婚に踏み切れない、という人におすすめの本がこちら。

法的に有効な証拠を集めれば、もらえる慰謝料は跳ね上がります。

弁護士による「勝つための証拠集め」を知りたい人はぜひご覧ください。

ぼんやり離婚を考えている人におすすめの本3冊

がっかり

離婚がよぎったものの、本当に離婚していいのかわからないという人は潜在的に多数いるでしょう。

本当に離婚するかを悩んでいる人におすすめの本を3冊ご紹介します。

もう夫婦やめたいなと思ったときに読む本

おすすめポイント
  • 人気心理カウンセラーによる自身の離婚体験談と離婚に対する考え方
  • 「離婚が悪」ではない思考になれる
  • 離婚にプレッシャーを感じる人に優しい1冊

明確なきっかけがないけど、このまま結婚生活を送るのが違和感…という人は案外多いのではないでしょうか。

そんな時に離婚をするのか、それとも割り切って夫婦を続けるのか、誰かに助言を求めたい人には救いになる1冊となるかもしれません。

離婚したいかも…とだれにも相談できずに悩んでいる人は読んでおいて損はないですよ。

kindleunlimited会員なら無料で読めます!
今なら30日無料体験ができ、いつでもキャンセル可能です。

ひとり親でも子どもは健全に育ちます: シングルのための幸せ子育てアドバイス

おすすめポイント
  • シングルマザー・ファーザーに向き合ってきた児童精神科医の経験による一冊
  • 子供に対する離婚の伝え方を詳しく解説
  • 思春期の子供との向き合い方を詳しく解説

子供のことを考えると離婚に踏み切れない人は多いでしょう。

ヨメ子

私も離婚以外の選択肢を探してるのは子供のことが大きいわ。

ツマミ

片親だから子育て失敗ね、なんてことになりたくないわよね

心配がたくさんある中で、精神的に負担をかけてしまうのではないかという部分を払拭してくれるのがこの本です。

いろんな局面でどんなふうに子供と接するのがいいのかを提案してくれるので、シングルマザーでもちゃんと幸せに暮らしたい人におすすめです。

離婚したいけど子供がネックになっている人の背中を押してくれる1冊です。

モラニゲ モラハラ夫から逃げた妻たち

おすすめポイント
  • モラハラされているのに自覚がない人がモラハラだと認識できる内容
  • 7人の登場人物を例に漫画で解説
  • 精神的・経済的・性的などいろんなモラハラについて解説

モラハラって、加害者側はもちろん被害者側にも自覚がない場合が多いんですよね。

自覚がないから理由はわからないけどしんどくて、自分の心が狭いんじゃないかと感じて、余計にしんどくなってしまいます。

モラハラまで行かないまでも私もその一人で、旦那さんに常に馬鹿にされている気がしている自分の性格が曲がっているのでは、と自己嫌悪に陥りました。

もしも夫婦関係がしんどい理由が分からない人は、モラハラの自覚をしたり自分と似ている人に共感するだけでも心が軽くなりますよ。

離婚の本を読むならパートナーには内緒で!

内緒

表紙にでかでかと離婚の文字がある本を堂々と読むとパートナーに警戒されてしまいますよね。

本はこっそり読むのが基本ですが、今回ご紹介した本のほとんどが文庫版とkindle版の両方で出版されています。

kindle版と文庫版はどちらがいい?

プライベートな空間があれば文庫版で本を購入して読み、不要になったら売るのが安全です。

旦那さんがデジタルに疎いタイプなら、kindle版で読む方がおすすめです。

文庫版のメリットkindle版のメリット
・本に関するデジタルの痕跡が残らない
・読み終えた後に売れば経済的
・Wi-Fi環境なしで読める
・読みたいページを探しやすい
・かさばらない
・文庫版より価格が安い
・しおりやマーカーなどが繰り返し使える
・音声で聞くことができる
・購入後すぐに読むことができる

それぞれ一長一短ですので自分に合った方を選んでくださいね。

kindle版を読むならkindle端末がおすすめ

kindle版はスマホやタブレットでも読めますが、たくさん読む予定ならkindle端末がおすすめ。

中でも一番人気の機種が【Fire HD 8 タブレット】です。

おすすめポイント
  • kindleunlimitedが3か月無料(¥2,940-相当)で使える
  • プライム会員ならプライムビデオも見られる
  • 3.5ステレオジャック付きで読み上げ機能との相性も◎
ヨメ子

8インチだと1万円以下で買えるわよ。

ツマミ

文庫本サイズだからなじみやすい大きさね。

最後に~離婚に情報がありすぎて困ることはない

養育費や慰謝料など、そういった知識がなくても離婚届さえ受理されれば離婚することは可能です。

ですが何も知らないで適当に離婚すると後からいろんな後悔が付いて回ることになり、失敗するのは目に見えています。

法律関係は勉強するのが億劫ですが、後悔しないためには自分に必要な情報をたくさん知っておく必要があります。

ぜひ本をたくさん読んで納得のいく結論を出してくださいね。

ヨメ子

やっぱり再構築したいな、と感じたらこちらの記事もおすすめ。

夫婦関係修復のおすすめ本~コミュニケーションが苦手ならまず勉強を

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメントする

4 × two =

目次