離婚しない理由

夫婦コミュニケーション

夫が嫌いなのに離婚しないの?私が思う夫婦の形・父親の形とは?

友達と会話している時に「多分離婚になると思う」と話したら「どこがそんなに嫌いなの?」と聞かれました。

1年前の何気ない会話なのですが、いまだに自問自答してしまう質問でした。

私は夫のどこが嫌いなんだろう?

どうして離婚したい感情があるのに離婚されたら困る焦りがあるんだろう?

友達の何気ない言葉がきかっけで、今も自分の気持ちを整理している途中です。

夫の嫌いなところは?

鳥

夫は穏やかな性格です。

言い争ったり、ましてや暴力を振るったりは決してしません。

ちゃんと仕事に行って、心配をかけないようにと滅多に愚痴は言いません。

側から見ると優しくて子供好きで、記念日にはお祝いをしてくれる理想の旦那さんに見えているのではないでしょうか。

だからこそ友達から「どこがそんなに嫌いなの?」と言う言葉が出てきたんだと思います。

真綿で首を絞めるタイプ

旦那さんは冗談のつもりで私にいろんなんことを言います。

  • え?お皿ってそんなにしょっちゅ割る?
  • 5年くらい経ったらさぞ美味しい料理作れるようになるんよね?
  • 洗い物がまともにできないなら俺がやろうか?
  • どんだけ失敗すんの?
  • 子供怒りすぎでしょ?子育て向いてないよね。

どれも会話の苦手な旦那さんが一生懸命場を盛り上げようと言った冗談です。

一言ずつ切り取るとひどい言葉に見えてしまいますが、その場を盛り上げようとか、フランクに会話をしようという思いから出た言葉です。

私が自虐ネタを言いすぎていたのもあるかもしれません。

育児で手一杯・精神的にも余裕がないときに投げられたこの言葉の積み重ねが、ゆっくりと私の首を締め続けたのです。

産後クライシス
【産後クライシスは離婚率UP】熟年離婚まで?実態や予防法とは?

離婚率が一番高いのが、出産後2年までと言う話を聞いたことがありますか? 離婚なんてしたくない、結婚した時にはそう思っていたはずなのに、いつの間にか離婚のきっかけを作りやすいのが出産後2年までの産後クラ ...

続きを見る

失敗するたびに思い出す失言

お皿を割るたびに「え?お皿ってそんなしょっちゅう割る?」と言う言葉が頭の中でフラッシュバックします。

それでも旦那さんには大事にされているから、期待に応えられない私が悪いんだと自分を責める方向で自己解決してきました。

旦那さんは冗談で言っているので、私がお皿を割るたびに数日引きずっていることを知りません。

それどころか発言すら覚えていないでしょう。

私が深刻に受け取りすぎなのが良くないから、やっぱり私のせい。
ヨメコ
ツマミ
HSPって面倒なのね。
関連記事
HSSHSP
HSS型HSPの私が解説!配偶者にしてほしくないこと3つ

最近になってよく聞くのが「繊細さん」と呼ばれる「HSP」という単語。 調べてみたら私もHSPでした。 さらにHSPにはHSS型と非HSS型というものがあり、細分化差れたものでした。 HSS型は一見HS ...

続きを見る

特に何も言われなくても、お皿を割る度に記憶の中の言葉が自分の無能さを責めている、そんな気がしました。

指を切って思ったこと

昨日のこと、ご飯の支度中に油断していたら指を切ってしまいました。

結構ガッツリ切ってしまって血が止まらなくなり、1人で大騒ぎしていたら長男が世話を焼いてくれました。

次男も心配そうに駆け寄ってくれて、その間旦那さんは遠くから心配そうに見ていました。

そのことすら「え?指なんて切る?何年料理したらうまくなるの?」と言われているような気持ちになってしまったのです。

ツマミ
もうただの被害妄想じゃない?
そうね。

だからこんな感情になってる自分が余計に嫌いになっちゃう。

ヨメコ

その場は我慢したものの、後から馬鹿にされている気がして1人で勝手に落ち込んでいる最中です。

やることを肯定された記憶がない

思えば何かに挑戦するタイミングで素直な言葉で応援された記憶がないことに気づきました。

記念日にもらうお手紙には「毎日ご飯を作ってくれてありがとう」と言った文言が毎回のように書かれており、それを見るたびに旦那さんにとっての「給食のおばちゃん」でしかないんだ、と卑屈になりました。

私が作る料理の中で、旦那さんが好きなメニューを知りません。

セブンイレブンや外食については良く褒めるので好みを知っています。

私は料理が好きですが、1番大切な人に「美味しい」と言ってもらえた経験がないため、最近まで料理が得意と公言すらできませんでした。

このブログを始めるときだって「趣味としてやる分にはいいんじゃない?稼ごうとしてるなら無理だろうけど」と柔らかい言葉で言われました。

幼稚園の会長をくじ引きで引いてしまったときすら「え?なんでわざわざひいたん?」と言われたことを覚えています。

何かにチャレンジするたびに、夫から「どうせ時間の無駄」と心のどこかで馬鹿にされている気がしてならないのです。

夫が嫌いなのに離婚しないのは?

家

信頼関係が築けないのに離婚はしたくありません。

子供がいると「嫌いだから離婚」という単純な選択ができないんですよね。

ある意味「子はかすがい」として夫婦仲をぎりぎりつないでくれているのだと思います。

具体的に離婚に踏み切れず執着している理由は二つあります。

優しかったおばあちゃんの存在

夫といると自分をどんどん嫌いになりますが、それでも離婚しないのはおばあちゃんの存在が大きいです。

おばあちゃんは女手ひとつで3人の子供を育てた人です。

おじいちゃんは父が小さい頃に交通事故で亡くなりました。

寂しくて心細かったのか、おかしな宗教に肩入れして、子供を甘やかして自立させることもなく、いまだに叔父と叔母は結婚も就職も経験したことがなく、子供みたいな生活をしています。

子供を1人の大人だけで育てるのは危険なこと、そう肌でわかっているからこそ片親になるのが怖いのです。

優しかったおばあちゃんは数年前に亡くなりましたが、今も私の中で反面教師として焼きついています。

経済的に自信がない

パートに行きたいと相談するたびに「無理でしょ?」と止められ、自信をすっかり無くしています。

HSPだからなかなか職が定まらないのは事実。

心配性な旦那さんの言いたいこともわかるの。

ヨメコ

今のパートは旦那さんにストップをかけられるのが怖くて、採用が決まってからLINEで報告をして働き始めました。

ずっと専業主婦をしてきて、パートに行き出したのはここ1年のこと。

もしも離婚をしたら子供を見ながら家事もして、住む場所も変えて一から就職先を探し、今よりもずっと長い拘束時間で仕事をする自信がありません。

母は「離婚するならできる限り協力はするから」と言ってくれますが、いい大人なので最初から母の協力をあてにしての離婚はさすがにできません。

つまり離婚したら経済的にうまくやっていく自信がないのです。

私の収入だけで不自由なく養育できる気がしないし、たくさん働けば精神的にも余裕がなくなるのは目に見えています。

私のように離婚はしたいけど経済的に、と現状維持する人は多いのではないでしょうか。

在宅ワーク
専業主婦は在宅ワークできるの?私がやってみた体験談のまとめ

専業主婦で離婚がよぎった時、違う地域に移り住んでシングルマザーになるんだろうな。 漠然とそう考えたときに、移り住んだ後すぐに仕事にありつけるのか?ありついた仕事が順調に続けられるのか?と、まず心配した ...

続きを見る

私が思う夫婦の形

老夫婦

結婚前に思い描いていた夫婦の形は、もっと深くて強い絆で結ばれていたものでした。

ですが実際は脆くてすぐ崩れるような関係性でしかありませんでした。

夫婦カウンセリングも受けたし、修羅場も何度か経験しましたが、絆が深くなるどころかどんどん心が離れていくのが現状です。

汚い感情をさらけだして毒をお互いに吐ききらないことには、前に進むことができないと私は思っています。

ですが平和主義の旦那さんはそんなことをしたくないようです。

子供が大きくなるまでこのまま仮面夫婦を続けるのもありなんじゃないか、と今はそんな気持ちになっています。

子供にとっての父親

ライオンのつがい

子供がまだ赤ちゃんの頃、旦那さんは始発で出社して終電で帰宅が日常でした。

旦那さんが子供に嫌われないように、と私が裏で洗脳した甲斐があってか、息子は旦那さんにとても懐いています。

長男が11歳になった今でも兄弟共に仲良く遊んでいて、旦那さんに人見知りはしたことがありません。

でもどうやら旦那さんは自分の手柄だけでそうなったと認識していて、私に「もっと子供と遊んであげたらいいのに」とアドバイスされたこともあります。

ちょっと残念な気持ちにはなりましたが、いざと言うときにガツンと言える最後の砦でいてくれればいいかと思います。

何より子供が父親を尊敬してくれているようなので、私の意地だけでその関係性を崩すのは惜しいのです。

可能な限り仮面夫婦を続けて、子供にとってはできるだけストレスの少ない家庭環境を目指したいと考えています。

最後に〜夫婦ってなんですか?

夫婦ってなんですか?

ここ数年自問自答がやめられません。

たくさん考えても、思いついたことを片っぱしから試しても、いろんな本を読んでも、私の中で「夫婦とは?」の答えが定まりません。

夫婦には各ご家庭でいろんな形があっていいものだと思うのですが、私と旦那さんの間で「夫婦とは?」の説明ができるまでは仮面夫婦からは抜けられないでしょう。

心を通わせてうまく行っている夫婦の絆はお金に変えられないかけがえのないもの、そう気づいたのは失ってから。

これからも私は「夫婦とは?」の答え探しをやめられません。

お問い合わせはこちらから

    自粛中にスキルアップしてみない?

    ・オンライン心理カウンセラー資格
    ・オンライン食育栄養士資格
    ・オンライン秘書資格
    ・オンライン事務資格
    ・オンラインセールス資格

    いろんな資格が自宅にいながら学べます。

    • この記事を書いた人

    ヨメコ

    優しい旦那さん、安定した収入、健康な息子二人、 幸せに暮らせる条件が揃っているのに、なぜか夫婦関係がうまくいかない。 離婚寸前の普通の専業主婦が、夫婦カウンセリングを受けながら夫婦仲を取り戻すための活動を実況中継しています。

    -夫婦コミュニケーション

    © 2021 夫婦フナカ日和 Powered by AFFINGER5