MENU

【専業主婦が離婚危機を感じたら】資格よりスキルを磨いて準備しよう

ある日突然離婚届を出されて「書いて」といわれたのは今から2年前の出来事でした。

離婚くらい別にいいや、とは思って書いたものの、1日頭を冷やして「自分一人で子供を養う力がない」と気づいて、何とか離婚しないでほしいとお願いして取り下げてもらいました。

その後も何度か離婚の話が出ていて、最近も「子供が小学校を卒業するタイミングできりよく離婚する?」と聞かれたところです。

今のところ離婚は何とか免れていますが、何とか今のうちに自立できる方法をと考えています。

離婚がよぎったら、専業主婦は特に経済的な自立を考える必要がありますが、私がたどり着いた答えは「無職の期間を減らすこと」です。

就職の時に焦って自分を安売りしなくていいように、まずはつなぎの期間に家で空いた時間をお金に換えられるスキルを身に付けるのはいかがでしょう。

目次

専業主婦が離婚してすぐに就職できる?

はてな

専業主婦と一言でまとめても、独身時代にどんな仕事をしていたか、どんな人格か、どこに住んでいるのかなどいろんな条件によって異なります。

仕事のブランクが長い専業主婦は企業からの需要があまりないため、看護師や教師などの特殊な職の資格と経験がない限り就職は簡単ではありません。

では実際にどんなふうに就職をするのかを考えてみましょう。

専業主婦が離婚して就職する過程

シングルマザーになって就職をするときに、3通りの方法が考えられます。

  • 前職の経験を生かした職業を狙う
  • アルバイトや派遣で雇用してもらい、頑張って社員登用を目指す
  • 職種に関係なく待遇や条件の合うところを探す

3つともある意味運任せなんですよね。

運が良ければ何とかなりますが、後先考えずに離婚をして、運悪く貧困層に陥ってしまうシングルマザーは珍しくありません。

お金がどうしても足りなくて、出会い系サイトで売春のような稼ぎ方をしている人が実は一定数存在します。

ヨメ子

この本を読んで胸が痛かったわ。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

nine + four =

目次
閉じる