離婚理由は産後クライシス!?熟年離婚まで!?ガルガル期って何?

離婚率が一番高いのが、出産後2年までと言う話を聞いたことがありますか?

離婚なんてしたくない、結婚した時にはそう思っていたはずなのに、いつの間にか離婚のきっかけを作りやすいのが出産後2年までの産後クライシスと言われる時期。

女性の体質や精神的なものが劇的に不安定になる産後クライシス期間は、女性側だけでなく男性側にも影響を及ぼします。

離婚を免れても恨みが何年も持ち越されて熟年離婚の原因になるケースも。

産後2年で離婚する夫婦に何が起こるのかと解決策についてまとめました。

目次

離婚率の高い産後クライシスとは?

家族

離婚率が最も高いのが産後2年以内と言われています。

この時期は産後クライシスと言われていて、女性のホルモンバランスが乱れる時期です。

芸能人でも産後クライシスを体験している人がいます。

  • スザンヌさん
  • くわばたりえさん
  • 木下優樹菜さん

私自身もこの時期に言われたちょっとしたことで今も根に持っていることが結構たくさんあります。

女性に起こりうる産後クライシス

ホルモンバランスが乱れて、慣れない育児がうまくいかなくて、パートナーは働き盛りの年代で頼りにくい雰囲気で、いろんなことが重なってキャパシティオーバーになってしまいます。

ちょうどこの時期に女性は妊娠中から母性が目覚め、産後は体質的にも精神的にもどんどん母親化します。

自分がいっぱいいっぱいなのに、その横でパートナーがのんびりしたり楽しそうに外出したり、不平等感が許せなくなってしまうのです。

スキンシップに過度の不快感を持つ人も少なくありません。

ヨメ子

あやすのをすぐ諦めちゃうとか、うんちのおむつが変えれないとか、がっかりの連続なのよね。

ツマミ

お手伝い感覚じゃなくて協力して欲しいんだよね。

男性側に起こりうる産後クライシスの影響

男性にはホルモンバランスの乱れや体質の変化もなく、自力で自覚して父親化しなくてはなりません。

母親に比べると責任感の低い父親や、どうしていいのかわからない父親、とにかく機嫌を取ろうとパシリ化しちゃうことで父親になろうとする男性も最近では多いですね。

女性は察して欲しがりですが、男性は口で説明しないと分かりません。

ただでさえコミュニケーションの方法に差があるのに、体質や環境の劇的な変化についていけず、少しずつ溝ができ始めるのが産後クライシスの時期です。

それまで自分のことを大切にしてくれていたパートナーが常にイライラしているのが見ていられなくなって、溝ができたりすれ違ったりが、ケンカやストレスの原因になります。

産後クライシスは特に注意!離婚のきっかけになりうる言葉

内緒

離婚がよぎるきっかけになるのは、「離婚してやる」「出て行け」などの直接離婚に関する言葉です。

産後クライシスによるすれ違いやストレスからケンカに発展し、ついつい口から出てしまうことがあるかも知れません。

具体的な言葉をきっかけに、それまで無意識だった離婚を意識してしまう心理が働きます。

また普段からなんとなく離婚を考えている人ならなおさらで、離婚に関する言葉を投げかけられて本気度が増す場合もあります。

離婚がよぎって我慢し続けているパターンも

その時は何も起こらなくても、子育てがひと段落してから離婚を切り出されたり、何十年も根に持っていたりすることだって少なくありません。

言う側は忘れるくらいなんでもない言葉でも、捉える側は結構ヘビーな言葉だと分かっておく必要があります。

離婚に関する直接的な言葉を脅しや勢いで簡単に口にするのは大変危険なのでやめましょう。

勢いで言ってしまったらちゃんと謝ることも必要ですが、離婚が本当に目の前に迫ったらまず自分の考え方を変える方法が簡単です。

産後クライシスから離婚に発展!?家庭内カーストをやめよう

表彰台

産後クライシスの時期によくあるのが、パートナーがないがしろにされるケース。

男性側からなら、いつも子供優先で自分のことは後回しにされてしまうケースなど。

女性側なら、「風邪を引いてしまったからご飯作れない」と連絡したら「じゃあ自分だけ外で食べてくるから作らなくってもいいよ」なんて返事をされてしまうケースなどがよく聞く話ですよね。

恋人でいる時期はパートナーにとっての一番大切な人は自分だったはずなのに、と思い返して悲しくなってしまいますよね。

家庭内カーストをやめるには?

産後2年なんて一番大変な時期で、旦那さん優先にできる余裕はない時期なんですよね。

その余裕のない姿を見て、どうしていいのかわからなくなる旦那さんも多い時期でもあります。

手が回らなかったとしても、手を貸す方法がわからなかったとしても心の中で1番大切にすることはできるはずです。

まずは子供に対して、パートナーが一番であることをお互いに刷り込むのがおすすめです。

  • 会話の端々で「パパ」「ママ」を登場させる
  • 子供の前ではパートナーの悪口を言わない
  • パートナーがいないところで褒める
ヨメ子

普段からこれをやっていると、パートナーが同じことをしてくれたときにすぐ気づくよ。

ツマミ

お互いに尊重し合うって大切ね。

大切にしていることが伝われば、物理的に多少後回しになってしまってもなんとかなるケースが多いのではないでしょうか。

産後クライシスに離婚しないために~相手の変化を受け入れよう

りんご

お付き合いしていた頃がずっと続けばいいのですが、環境や年齢で価値観や体質はどんどん変わります。

女性なら結婚・出産・育児・仕事復帰・子離れ・介護・ホルモンバランスの変化など、男性なら育児・仕事環境の変化やストレスなど、変化するきっかけは至る所にあります。

観察→気づき→受け入れ→すり合わせを

うまくいっている夫婦は、普段から会話を重ねて、相手の変化に気づいたり受け入れたりとパートナーに常に興味があります。

好物や最近好きなテレビなど、まずは聞きやすいことから聞いてみるといいかもしれません。

まずはパートナーが今どんなことに困っていたり興味を持っているのか、少し会話ができるといいですね。

性格が合わないとあきらめるのではなく、違う考え方を受け入れることが大切です。

最後に~産後クライシスをピンチではなくチャンスに

産後2年あたりは女性のホルモンバランスや生活環境の劇的な変化によって、離婚や不仲のきっかけを作りやすい時期です。

また時間を重ねるうちに好みや考え方は変わってくることも自覚して、パートナーに興味を持って、会話による変化のすり合わせができるといいですね。

「離婚してやる」「出てい行け」などの言葉はパートナーに離婚を意識させてしまうきっかけになりかねないので、脅しで簡単に口にしてはいけません。

お互いに心の中でパートナーを一番大切に思い合えるのが理想的ですね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

16 + seven =

目次
閉じる