離婚を切り出されたら?離婚回避のためにはNGな3つのことを解説!

離婚したくない

2020年の4月に、離婚届にサインをするように促されました。

それから9ヶ月、なんとか夫婦としてまだ一緒に暮らせています。

  • 離婚届が出て来そう
  • 離婚の話になりそう
  • 離婚回避をしたい

という人がやってはいけないことが3つあります。

動揺したり感情的になって早まったら取り返しのつかないことになるかもしれません。

予習しておきたい人に向けてやってはいけない3つのことについて解説します。

目次

離婚回避のためにNGなこと3つ

stop

離婚はしたくないのにパートナーから離婚したいと切り出されたときにしてはいけないことが3つあります。

  • 離婚届にサインする
  • 無計画な別居を申し出る、または申し出に許可する
  • まともに話し合いができない状態なのに2人で話し合う

これをひとつでもやっちゃうと、相手の意思が硬ければ離婚は回避できません。

詳しく1つずつ解説します。

離婚回避のためにNGなこと①離婚届にサインする

サイン

勢いとはいえ、自分の意思で離婚届けにサインするのはいいことではありません。

サインしたものをパートナーが市役所に提出してしまえばアウトです。

離婚を迫られて離婚届にひとまずサインするように言われても、離婚したくないのなら保留にしましょう。

離婚届を出すパートナーの気持ちは3つに分類されます。

①やり直すための最後の手段として脅しで使っている
②とっさに頭に血が上って感情的に離婚したくなっている
③離婚の意思が固まっている

相手がたくさん悩んで冷静な気持ちで出した結論であれば、離婚を思い直してもらうのはちょっと難しいかもしません。

ですが感情的でない場合や脅しの1つとして使っている場合は、パートナーをそれだけ追い詰めてしまったことを反省し、改善について話し合いましょう。

ヨメ子

ネガティブにならずに、夫婦関係を見直すきっかけにできればいいんじゃない?

【私の話】

2年ほど口を聞いてなかった旦那さんから、2020年の4月に離婚届にサインするように言われました。
新幹線2時間の距離に住んでいる私の母を連れてきて「ちょっといい?」と声をかけられて焦りました。
後々わかったのですが、離婚したいというよりは離婚覚悟での話し合いをしたかったようです。
自暴自棄になっていた私は、母に責められるという焦りと、いよいよ終わったという衝撃でその場から逃げたくて、反射的にサインをしました。

「私がいなくたって、なんでもそつなくこなしちゃうんでしょ?」
「私なんて名目上の母親と嫁としての価値しかなかったでしょ?」
「私の代わりなんて簡単に探せるでしょ?」

自己肯定感の下がり切った私には、自分が家にいていい理由がこれ以上わからなくなりました。
サインをしてから一晩考えて、自分が必要とされているかどうかよりも私自身が子供と一緒にいたい気持ちに気づいて、旦那さんにお願いして離婚を撤回してもらえました。

離婚回避のためにNGなこと②別居する

家

お互いに冷却期間と、とりあえずの別居はおすすめできません。

デメリットを分かったうえでどうしても必要ならいつまで別居するかの期限を決めておきましょう。

別居を辞めるきっかけが難しい

別居したら居心地が良くて戻るのが嫌になったり、戻るタイミングがわからないというのはよくあることです。

ヨメ子

別居って離婚したくない人がしのぐためにつかう手段ではないの。

離婚したい側からするとパートナーから解放されるわけですから、できればもう元の居心地の悪い状況に戻りたくないですよね。

気が済んでも意地をはって戻れないこともあるあるです。

最初に戻る理由を作っておかなければ、別居のやめ方が難しくなります。

別居を長く続けると、別居を離婚理由にできる

別居期間が長引き関係の修復が難しい場合は、それを理由に離婚できてしまいます。

離婚したくないのに別居に同意してしまうと、離婚したいパートナー側からゆくゆくは調停離婚を迫られてしまうことも。

冷却期間のための安易な別居は離婚につながる可能性があります。

単純に生活費がたくさんかかる

家賃に食費、光熱費や家具家電など、生活拠点が増えるとその分生活費もかさみます。

別居中の婚姻費用は夫婦の費用とみなされるので、個人ではなく夫婦の財産が減ります。

仲が戻ったとしても、後々経済的な負担は大きいのです。

残念ながらもし離婚することになってしまったとしたら、財産分与できる夫婦共有財産も減ります。

離婚回避のためのポジティブな方法でないものに、経費を払い続けるのはしんどいですよね。

離婚回避のためにNGなこと③理由を問い詰めたり、弁解する

言い争い

急に離婚の話になって気が動転して、感情的に話をするのも良くありません。

ヨメ子

なんで?
私のどこが悪いっていうの?
あなただって悪いところいっぱいあるのに我慢してあげてるじゃない?
的なのは良くないね。

ツマミ

でも現実を受け入れられなくて言っちゃいがちだよね。

離婚を切り出すほどに追い詰めてしまった上に、さらに追い討ちをかけるのはやめましょう。

パートナーの離婚の意志が固いなら、焦って問い詰めても論破するだけの材料は揃えて話し合いに挑んでいるでしょう。

自己防衛のために感情的に弁明したところでいい展開が待っているわけがありません。

まずは落ち着いて話ができる状態まで待ちましょう。

離婚回避のために有効な方法とは?

NGなことがわかったところで、次はどうすればいいのかも解説します。

無理に2人だけで解決しようとしない

感情的になっている状態で「自分たちで解決しないと!」と頑張ってもうまくいかないでしょう。

お互いに誰か信頼できる人に相談するのも1つの方法ですが、どちらか一方の言い分だけを聞いての助言は公平ではなく参考にならないことも。

普段から上下関係のある夫婦や、離婚の負い目で平等に話ができない状態だと、うまく離婚を免れたとしてもその先にいい夫婦関係が築けるとは考えにくいですよね。

ヨメ子

私はずっと旦那さんから見下されてると思い込んでる

ツマミ

相手にはそんなつもりで言ってないっていうの、最近よく聞くパターンだよね。

できる限り二人の言い分を平等に聞いて冷静に助言してくれる人に、間に入ってもらうことを考えましょう。

相談相手は慎重に選ぶべき

相談相手として一番最初に思い浮かぶのが親ですが、どちらかの親だとこんな心配はありませんか?

  • 一緒に感情的になってしまいそう
  • 公平には見てくれなさそう
  • 解決した後にも心配をかけてしまいそう

親だと不安がある人は費用がかさみますが、プロの夫婦カウンセラーにお願いするのが確実です。

確実にお互いが話しやすい環境を作ってくれる存在です。

もしも夫婦カウンセラーの前に誰かに悩みを聞いてほしいなら、こんな方法もあります。

感情論や一般論よりも法律のことを詳しく知りたいなら、NPO法人に無料で電話相談する方法もあります。

ヨメ子

私は相談できる相手がいなかったから、図書館で離婚の本をたくさん読んだよ。
これが一番わかりやすい。

イラストと図解でよくわかる!前向き離婚の教科書 気持ちがラクになる4つの準備 /日本文芸社/森元みのり
by カエレバ

どんな本を読んでいいかわからない人はこちらの記事でためになった本を紹介しています。

周りの意見を聞きすぎて流されやすい人は、相談相手を慎重に選ぶか、いろんな人の意見をたくさん聞くのがいいでしょう。

まとめ

離婚を切り出すにはそれ相応の理由があり、夫婦の数だけ理由があります。

こじれるにはこじれるだけの想いがあります。

具体的に共通してこうした方がいいというのは難しいですが、こうしない方がいいのは以下の3つです。

  • 離婚届にサインする
  • 無計画に別居する
  • 理由を問い詰める、弁解する

離婚するのも1つの選択肢ではありますが、お互い納得しないままの離婚が1つでもなくなればいいと私は思います。

暴力やモラハラ、金銭的に深刻な問題など、どうしようもない場合以外の離婚は、どうか勢いで決めないで下さい。

夫婦お互いにとって一番いい未来を選べるように、建設的な話し合いができることを祈っています。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

four × four =

目次
閉じる